腰痛の難しさ腰痛の原因と改善

医学は骨にしか興味がない


「骨には異常がない!」管理人も、いくつもの病院で診察を受けましたが決まって同じことを言われ続けてきました。はっきり言ってそんなことはもう、とっくに理解している。

では、なぜ病院はこうも骨ばかりを気にしているのか?それは簡単に言えば腰痛の原因は腰椎という部分の異常からしかありえないという考え方をしているからです。

骨に異常がなければ「心配なし」という無責任な決断をくだされるのです。しかし、ほとんどの患者がこの骨に異常なしという診断になり、筋肉が疲れているなどといったこれといった改善策ももらえず帰されているのです。

一度目ならいざしらず、二度目以降の病院は骨に異常がないのはわかっているけど、この痛みを取りたいという目的で向かうのですが、やることは一回目と同じ、レントゲンで骨を見るだけです。

骨に異常があれば手術か様子見の2択を患者自身で選び、異常がなければ湿布でも貼っといてと帰されるだけなのです。

当然、病院だって暇ではありません。骨に異常がなく原因も分からず治せない患者に長々と話を聞いている暇などありません。私たち骨に異常が見られない腰痛持ちは病院にとって邪魔な存在でしかないのです。

病院巡りをするだけ時間とお金の無駄になる可能性がこれだけでも分かります。病院に湿布を貰いにいくのなら話は別ですが・・・




腰痛の難しさ
   医学は骨にしか興味がない
   腰痛は軽傷か?
   湿布か手術かの2択?
   あなたの痛みは医療機器以上
   画像重視でない先生を探せ!



腰痛の原因と改善



ブログパーツ