腰痛の難しさ腰痛の原因と改善

あなたの痛みは医療機器以上


腰の痛みがあるあなたは病院で見てもらって原因を突き止めることが出来たでしょうか?椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などといった診断を受けましたでしょうか?レントゲンやMRIで判断できる腰痛だったでしょうか?

もし、それ以外で様子見やシップやコルセットだけ渡されて帰らされた場合、病院の医療機器ではあなたの痛みを医師に分かってもらえることは難しいです。医療機器では判断できない痛みを持っているということを自覚する必要があります。

それを総じて腰痛と呼ばれているのですが、多くの患者はこちらの部類に判断されています。腰痛人口は相当数に登っているはずなので、相当数の患者が痛みをなんら治療せずにいる現状だと伺えしれます。

残念ながらそう判断された場合、病院でしてくれることは様子を見るという医師免許がない人でもできる治療しかしてくれません。

レントゲンやMRIで判断できる患者の方が少ないのが現状です。私もそちらに属しています。確実に痛みは間違いなく存在するのですから、体のどこかしらに異常があることは間違いない事実なのです。

そう考えれば腰痛に関しては、レントゲンやMRIなどで分かるものもありますので医療機器がまったく意味がないとは言いませんが、多くの症状は医療機器では原因究明を突き止めることができないものなのかもしれません。

確実に痛みがある状態なのですからそれでも異常はあるのです。レントゲンやMRIといった機械よりもあなたの体から悲鳴を上げている症状の方がはるかに異常を示す精度が高いことが分かります。



腰痛の難しさ
   医学は骨にしか興味がない
   腰痛は軽傷か?
   湿布か手術かの2択?
   あなたの痛みは医療機器以上
   画像重視でない先生を探せ!



腰痛の原因と改善



ブログパーツ