腰痛の対処と治療腰痛の原因と改善

痛み、炎症を抑える薬


腰痛での治療の第一歩は炎症や痛みを抑えることです。そしてそれらを抑えるための薬はどのようなものがあるのかを紹介していきたいと思います。

とくにぎっくり腰などの急性腰痛の場合には炎症を伴うので消炎鎮痛剤により炎症を抑えるように与えられます。副作用は胃腸障害、むくみなどがありますが、副作用としては軽いものですが、胃薬と一緒に処方されます。

また、過度な筋肉の緊張状態を緩和するために筋弛緩剤があり、血液の循環をよくするために循環改善作用剤などもあります。

そして湿布薬など腰痛で処方される薬の目的、理由などを理解しておくと良いと思います。これらの薬を処方された場合には動くことが困難になるほどの痛みを伴っている時期だと思いますので安静にすることも求められます。



消炎鎮痛剤 ロキソプロフェンナトリウム
ジクロフェナクナトリウム
アンピロキシカムなど
筋弛緩剤 エペリゾン塩酸塩
チザニジン塩酸塩など


炎症を抑える薬

腰痛の解説
   腰痛の運動療法
   運動療法の注意点
   痛み、炎症を抑える薬
   痛み止めの注射
   腰痛検査のレントゲン
   腰痛検査のMRI
   MRIを利用できない人の検査
   腰痛対策グッツを活用しよう



腰痛の原因と改善



ブログパーツ