腰痛の対処と治療腰痛の原因と改善

MRIを利用できない人の検査


MRI検査の項目でも説明したとおり強力な磁場を利用するため、ペースメーカーを利用している人はMRI検査が出来ません

それでは、椎間板ヘルニアの疑いがある場合に確認できないのかというとそうでは有りません。MRIを利用せずに検査する方法はあるのです。

入院が必要になりますが脊髄造影検査という方法があります。背中から注射により脳脊髄液に造影剤という薬を注入することによりレントゲンに映るようになります。

CT検査なども併せて行い断層撮影もすれば椎間板ヘルニアなのかどうかを確認、検査することが可能になります。




腰痛の解説
   腰痛の運動療法
   運動療法の注意点
   痛み、炎症を抑える薬
   痛み止めの注射
   腰痛検査のレントゲン
   腰痛検査のMRI
   MRIを利用できない人の検査
   腰痛対策グッツを活用しよう



腰痛の原因と改善



ブログパーツ