腰痛の対処と治療腰痛の原因と改善

腰痛検査のレントゲン


腰痛で病院へ行くとまず、このレントゲンでの検査をされると思います。レントゲンの説明は今更、述べるつもりはありませんが、X線を利用した検査方法です。

このレントゲンで医師が確認したい内容は椎間の間隔関節の変形分離症などの有無です。要するに腰痛を訴えて上記以外の異常で痛みがある場合にはレントゲン検査では発見できないということになります。

基本的には背面、前面、両斜面の4枚もあれば確認することができますが、曲げたり反らしたりした格好で撮影(機能撮影)することもあります。

腰痛の診察を受けた場合には誰もが一度は撮影することになると思いますのでその内容について知っておいて損はないと思います。


レントゲン

腰痛の解説
   腰痛の運動療法
   運動療法の注意点
   痛み、炎症を抑える薬
   痛み止めの注射
   腰痛検査のレントゲン
   腰痛検査のMRI
   MRIを利用できない人の検査
   腰痛対策グッツを活用しよう



腰痛の原因と改善



ブログパーツ