腰痛の種類

脊椎分離症


椎弓が骨折した状態になることを脊椎分離症と言います。前後の運動により関節突起が椎弓を圧迫して起こります。骨の発育段階である10代でも多く見られます。

第5腰椎の椎間関節で起こりやすく放っておくと、すべり症になり、腰椎分離すべり症が発生しやすくなります。しかし、この脊椎分離症はあまり症状が出ない人運動時にしか痛みが出ない人も多く気づかない場合もあるので注意が必要です。

後ろに反ると痛くなる人や重労働をしたあとに痛くなる人は脊椎分離症を疑う必要があります。初期ならギブスやコルセットなどで固定すれば骨がくっつくことも期待でき、根治も可能です。

すべり症が発生してからでは骨がくっつくことが期待できなくなり他の腰痛症状と同じ治療法をしていくことになります。


腰痛の種類
   急性腰痛症(ぎっくり腰)
   椎間板ヘルニア
   腰部脊柱管狭窄症
   変形性脊椎症
   骨粗鬆症
   脊椎分離症
   脊椎すべり症
   心因性脊椎症
   腰部椎間板症



腰痛の原因と改善



ブログパーツ