腰痛の難しさ腰痛の原因と改善

湿布か手術かの2択?


腰痛で病院に行っても、やることは決まっています。骨に異常なしと判断され湿布を渡されるか、レントゲンやMRIで異常が発見され、手術をするか聞かれる場合の2種類しか、管理人は知りませんし、様々な腰痛関連の書籍などでも見受けられません。

つまり、腰痛は骨に異常がなければ病院では治療放棄されるのが現状です。腰が痛いという事実があるのにも関わらず・・・。

腰痛のあなたも同じような印象を病院に対して思っているという人も多いのではないでしょうか?管理人は痛みを訴え医師に相談しても「骨には異常がないので様子を見ましょう」と言われコルセットと湿布を貰って帰りました。

痛みをなくすために出向いた病院ですが、まったく症状は変わっていないのです。病院に対して怒りすら覚えたのを記憶しています。なんのために無駄に半日かかって受診待ちしたのか分かったものではありません。

骨に異常がないという一つの安心は確かに貰いました。しかし、現在進行形で起こっている痛みはまったくの放置です。腰痛という病気は骨に異常がなければ軽傷と甘く見られているのか不治の病として見捨てられているではないのかと確信に近い疑問を持ちました。

前かがみになるだけでも辛い腰痛を放置した病院に期待することは残念ながら管理人は出来ません。これは、あくまでも管理人の心情ですが、同じような経験をしている人はたくさん知っていますし、あなたもその一人ではないですか?

様々な腰痛に関する情報をかき集めていると完治したという事実があります腰痛は決して不治の病ではなかったのです。病院の2択よりも様々な選択肢を見つけることが求められるのが腰痛なのかもしれません。


腰痛の難しさ
   医学は骨にしか興味がない
   腰痛は軽傷か?
   湿布か手術かの2択?
   あなたの痛みは医療機器以上
   画像重視でない先生を探せ!



腰痛の原因と改善



ブログパーツ