椎間板ヘルニア腰痛の種類

椎間板ヘルニアの手術選択


椎間板ヘルニアで手術をする人の多くは早く復帰したいという願望から選択するケースがほとんどです。働き盛りの年代で仕事に支障があるので手術するということなのです。

まったく仕事が手につかない状態で早期に社会復帰しなければならない場合などは本人の強い希望で手術するケースもなかにはあるみたいです。

しかし、基本的には自然に治ることもあるので3ヶ月ほど保存療法で行なっていても改善されない場合は検討するという流れが一般的です。

しかし、緊急的に手術しなければならないケースもあります。それは排泄障害が出てきた場合です。これは重症です。馬尾神経が圧迫されることにより起こるのですが、緊急手術をしなければ症状が残る可能性があるそうです。

しかもその緊急という時間は日本整形外科学会によると48時間以内と明示されています。

それは両足のしびれも同じことです。同じように下半身全体の動き、感覚を司る馬尾神経が圧迫されていることで起こる症状だからです。

選択肢のない緊急性のある手術から、早期社会復帰の為の手術、保存療法で改善が見られない為など椎間板ヘルニアという症状も手術をする、しないの選択は大きく別れています





腰痛の原因と改善



ブログパーツ