0

腰痛の種類

椎間板ヘルニア


椎間板ヘルニアとは、椎間板の内部に収まっていなければならないはずの髄核が外にはみ出してしまっている状態の病名です。それが神経根に触れて圧迫し症状として現れてきます。

椎間板ヘルニアになる年代は様々ですが20代、30代は特に多いそうです。痛みの症状としては腰の痛みはもちろん、足やお尻にしびれを伴う場合もあります。


もう少し詳しく説明すると椎間板は椎骨と椎骨の間のクッションの働きをしているもので線維輪という組織のなかに髄核があるのですが、この髄核が飛び出した状態がヘルニアです。

線維輪に亀裂がはいり、そこから髄核が飛び出てきます。飛び出る方向は背部が多いのですが、そこには神経根がありそれを圧迫して激しい痛みを引き起こします

普段から椎間板にストレスを与えやすい座った格好を長時間しない事を心がけることが大切ですが、仕事柄オフィスワークの人には難しい条件です。しかし、少しでもストレスを与えないようにするには姿勢が重要になってきます。また、激しいスポーツ急に重いものを持ち上げるなども原因になることがあります。

一般的には手術か様子見を判断される場合が多いのですが、ストレッチやトレーニングで治る人も少なくないと言う専門家も少なくありません。


椎間板ヘルニアの保存療法
椎間板ヘルニアの摘出手術
椎間板ヘルニアの手術選択


腰痛の種類
   急性腰痛症(ぎっくり腰)
   椎間板ヘルニア
   腰部脊柱管狭窄症
   変形性脊椎症
   骨粗鬆症
   脊椎分離症
   脊椎すべり症
   心因性脊椎症
   腰部椎間板症



腰痛の原因と改善



ブログパーツ