腰痛の対処と治療腰痛の原因と改善

痛み止めの注射


薬のほかにもブロック療法と呼ばれる腰痛の痛みを止めるため、局所麻酔を注射を使うことがあります。

急性腰痛など痛みがはっきりわかっている状態なら局所ブロック法と呼ばれる押すと痛い場所に行います。

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの場合には硬膜外ブロック法と呼ばれる脊柱管内の硬膜外に麻酔を注入する方法が取られます。

そのほかにも神経根造影の時に合わせて行う神経根ブロック法や脊間関節造影の際に行う脊間関節ブロック法などがあります。

このように症状や場合により痛み止め注射の行う方法が違うのです。



痛み止め注射


腰痛の解説
   腰痛の運動療法
   運動療法の注意点
   痛み、炎症を抑える薬
   痛み止めの注射
   腰痛検査のレントゲン
   腰痛検査のMRI
   MRIを利用できない人の検査
   腰痛対策グッツを活用しよう



腰痛の原因と改善



ブログパーツ