腰痛の種類

腰部脊柱管狭窄症


腰部脊柱管狭窄症とは、文字通り脊柱管が狭くなる事です。脊柱管は馬尾神経が通っており狭くなることで馬尾神経、神経根が圧迫されて起こります。

主な特徴としては安静時には痛みを感じなかったり、軽度の痛みですが、ある程度の運動、歩行をするにつれて痛みだし、しびれもあったりして歩くことが困難になったりします。

しばらく立ち止まり休憩をすると痛みが改善したりしますが、再び歩き出すと悪化するといった症状が特徴で、間歇性跛行(かんけつせいはこう)という独特の歩き方になるも特徴として挙げられます。

腰痛の種類
   急性腰痛症(ぎっくり腰)
   椎間板ヘルニア
   腰部脊柱管狭窄症
   変形性脊椎症
   骨粗鬆症
   脊椎分離症
   脊椎すべり症
   心因性脊椎症
   腰部椎間板症



腰痛の原因と改善



ブログパーツ