腰痛の種類

腰部椎間板症


椎間板症とは椎間板が加齢などにより傷んで機能を低下させることにより後方に分布している神経を刺激することにより痛みなどが発生している状態を言います。

慢性的な腰痛をおこし、脚の麻痺が起こることは稀なケースです。特徴としては、前かがみの姿勢をとると痛みが強まることや、朝起きたときなど動き始める時が痛い人は、腰部椎間板症の疑いがあります。

治療方法は消炎鎮痛薬やコルセットを使い、腹筋、背筋を鍛える運動療法が基本となります。

生活に支障がでるなど重度の場合は脊椎固定術という手術をすることもあります。


腰痛の種類
   急性腰痛症(ぎっくり腰)
   椎間板ヘルニア
   腰部脊柱管狭窄症
   変形性脊椎症
   骨粗鬆症
   脊椎分離症
   脊椎すべり症
   心因性脊椎症
   腰部椎間板症



腰痛の原因と改善



ブログパーツ